チワワのちび太と風太とのことを中心に、時にはお空に旅立った最愛のコロたんのことも♪
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇 「ライフ・イン・ザ・シアター」

今日はお隣の市、北九州市まで観劇に出掛けました♪
今回の作品は 「ライフ・イン・ザ・シアター」 。
市村正親さんと藤原竜也さんの二人芝居です。


ベテランと若手の役者二人の役者人生での
様々な心の動きを芝居にした作品。
特にコレといったストーリーはないが、
だんだんと年老いていく役者と
まだ役者になりたての若者がだんだんとキャリアを積んでいく過程での
色んな葛藤とか嬉しさとか悲しみとかを
舞台」「舞台裏」「楽屋」「衣裳部屋」などと場面を変えて演じられていきます。


12986.jpg


いつもは蜷川幸雄さんの演出の舞台を見ることが多いのですが、
今回は違います。


でも本当に「才能がある」と感じる二人の役者さんの二人芝居と聞いて
ぜひ観たいと思いました。


全般的に市村正親さんはかなりコミカルな演技と絶妙な間で
お客さんは笑いっぱなしでしたが、
最後はしんみり年老いた役者の心を見事に演じてほろりとさせてくれました。


藤原竜也くんも若い俳優の素直な可愛い部分、
そしてだんだんと才能を発揮し、恵まれた仕事を得たりして
驕った態度を取り出す様子など素晴らしいかったです。


本当にこの二人はすごい役者さんです。
舞台を見たことの無い人は「藤原竜也」というと
アイドル俳優っぽい印象を持っている方がいるかもしれませんが、
この人は観るたびに「すごい才能だなぁ。。。」と思わせてくれます。


市村さんはこれで2~3度目の舞台観劇で、
あまり多くは観ていないのですが、
今回は本当に「すごい!」と感じました。


ベテランならではの余裕の演技はさすがでした。


これからももっともっとこの方たちの舞台を観たい!と思わせてくれた舞台でした♪


 

スポンサーサイト
またまた「間違いの喜劇」 & ソブリオガーデンのケーキ
先日東京に舞台を観に行ったという話を書きました。
それと同じ舞台が福岡にも来たので、もちろんまたまた観に行ってしまいました。

  入り口の上には巨大な看板が。


  離れてみたらこんな感じ。


今回も私のおめあては「高橋洋」氏。
前回観たときもすごく良かったのですが、今日は更にぐーーーんと良くなってました。
福岡にはなかなか演劇が来ないというのもあり、お客さんのテンションは
絶好調に上がっているようでした。
東京で観たときよりも笑い所も多く、笑いのパワーもすごかったような気がします。


 ただ・・・・。
笑わないでいいとこまで爆笑爆笑また爆笑だったのはちょっと驚きましたけど。
私としてはシンミリするシーンだと思ったんだけどなぁ。。。


最後はスタンディングオーベーション。
きっと役者さんたちもノリノリの観客に喜んでくれたのではないでしょうか。


すっかり楽しんで上機嫌で帰ると、
姉が昨日から約束していたケーキを買ってきてくれてました。
そのケーキがコレ。


  
岩田屋本店に新しく出店した、「ソブリオガーデンの 
C.B.F(セー・ベー・エフ)」というケーキです。


な・・・なんと、直径7センチくらい(?)の結構小さめなケーキなのに
お値段1個 500円!
2個買って家族4人で分けました。(笑)


 断面図はコレ♪ キレイでしょ?


味はお値段に見合った美味しさ♪
甘さも丁度いいし、全体のハーモニーもいい感じ
外側はカスタード入りミルクチョコのムース
真ん中は木苺と野苺のムース、それを挟んでいる緑の所はピスタチオのスポンジ
一番下はヘーゼルナッツのペーストと固く焼いたクレープを砕いたものを混ぜたミルクチョコです。


 みんないつもはあっという間に食べるのに、今日は大事に大事に食べてました。(笑)


やっぱり小さいケーキ半分じゃ足りないmacoro一家。
父のお友達からいただいた「あまおう」というイチゴを盛り合わせてみました~。


 あー、満足♪

演劇 「間違いの喜劇」 彩の国さいたま芸術劇場

昨日スピオフレポートをしたわけですが、
元々東京に行くことにした理由は演劇鑑賞だったのでした。
私は「蜷川幸雄さん」演出の舞台がわりと好きで、福岡に来ない舞台は
時々東京や埼玉まで観に行きます。


で、今回はコレ。


 


シェイクスピアで最も短い作品(?) 「間違いの喜劇」です。
 これは珍しく「喜劇」で、とても軽い気持ちで見ることができました。
以前狂言師・野村萬斎氏の「間違いの狂言」(「間違いの喜劇」の狂言バージョン)を
観た事があって、それはそれは本当に面白かったので、
ぜひ狂言バージョンではないものを観たいと思っていました。


話としては生き別れた2組双子、主人と召使いを町中で勘違いし、
「やった」「やってない」、「言った」「言ってない」の大騒動になるという話。
(説明が簡単すぎるって!(笑))


実は私のお目当ては 「高橋洋」 という役者さんです。
本当に才能のある役者さんで、毎回全然ちがうキャラクターを
「高橋洋がやっている」のではなく、そのものになりきってしまうすごい役者さん。


初めてみた舞台がヤンチャ坊主キャラだったので、すっかりそういうタイプの人かと
勘違いしていたら、ものすごく冷静で物静かだったというくらいなりきってしまうのです。


今回も実際の性格とは全然違うと思われる道化的な役を生き生きとやっていました。
とても言葉遊びが多くて、リズムに乗ってしゃべらなくてはいけなかったので
とても大変だったと思います。


 主人役の小栗旬くんよりもかなり年上なのですが、
ちゃんと「可愛い召使い」になりきっていました。


旬くんの奥様役の内田滋さんは、連日の舞台で声が枯れてしまっていたのは
おしかったし、演技の面も色々あるけど、でもすごく笑いを誘うお芝居で
なかなか面白くてよかったと思います。


 今回友人が一生懸命チケットを取ってくれて、
なんと 「2列目」での鑑賞でした。
もうツバのシャワーは飛んできそうだわ、役者さんと目が合いそうだわの近さで
大興奮な席でしたが、もしも2回以上観れるなら、少し後ろの席でも観たほうが
いいですね。
2列目だと全体図がつかみにくいし、役者さんの大変さが伝わりすぎて
少し疲れてしまう席かもしれません。
冷静に観られないし。


 でも!
やっぱりこんなに近い席というのは本当に貴重な体験!
またぜひ間近で観たいと思いました。
(一番前はイヤ!ツバのシャワーを思いっきりかぶります。(笑))


 せっかくなので、東京に行ったときに撮った「つまらない写真」を3枚。


  


席を「クラスJ」にしたらお菓子をもらいました♪  窓からの景色~♪


  今回泊まったホテルの部屋。
                         写真で見るほどキレイじゃなかったかも。(^^ゞ


 今回昨日レポートした「マーズカフェ」でコロたんにお土産を買いました。


 「バナナケーキ」♪


 「おっいしーーーーーーい♪」

観劇 「モーツァルト!」

今日は横浜から来た友人と、そのお友達と3人でミュージカルを観に行きました。


    


実は私はミュージカルが苦手。
「なぜそんなに歌うの?しゃべればいいのに・・・。」と思ってしまうんですよね。(^^ゞ
(ミュージカルファンの方ごめんなさい。)
でも、これまでも舞台装置がキレイなキャッツとライオンキングは観に行ったことがありましたが。



そんな私がなぜ「モーツァルト!」を?というと、
シンガーとしてデビューしたときから「歌が上手いなぁ。。。」と思っていた
中川晃教くんが主演だったからです。(井上芳雄くんとダブルキャストです。)


  場所は「博多座


 博多座は無職の私にはとても贅沢なとても「いい値段」なのでなかなか行けません。


   中もとてもキレイ。(二階へ上がる階段です。)


 で、今回の感想は・・・・。
歌はとても素晴らしかったです。特に中川君の歌は本当に素晴らしい♪
聞きほれてしまいます。
脇を固める方たちも歌ももちろん演技も良くて、面白く観劇できました。


でも・・・・・、やっぱりミュージカルは少し苦手かなぁ。
観たくないほどではないけど、そんなに歌わなくても・・・と思ってしまう。(笑)
しかし!この「モーツァルト!」は音楽がとても良くて、ミュージカル苦手な私でも
とても楽しめました。(^・^)


 そして、観劇後食事へ。
せっかく博多座の帰りだし、気分をそのままに 監修/中村勘三郎 の居酒屋さん、


四季食彩 中村屋勘三郎」へ。


    


 ここはほとんどが個室みたいになってて、堀ゴタツだし、雰囲気もいいし、
なかなか美味しいお店です。
勘三郎という名前がついているのに値段もリーズナブルで、
今日は3000円のコースを頼んだのですが、お腹一杯で食べきれなかったくらいです。


 地方からの友人を連れて行くときは店選びに苦労しますが、
今回は劇場の近くで探した割には、とても気に入ってもらえて良かったです。


 お芝居、歌舞伎好きの方は一度行ってみては?


 ------------ お ま け --------------------


友人が泊まったホテルオークラのロビーのツリー。大きくてキレイでした♪


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。