チワワのちび太と風太とのことを中心に、時にはお空に旅立った最愛のコロたんのことも♪
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇 「間違いの喜劇」 彩の国さいたま芸術劇場

昨日スピオフレポートをしたわけですが、
元々東京に行くことにした理由は演劇鑑賞だったのでした。
私は「蜷川幸雄さん」演出の舞台がわりと好きで、福岡に来ない舞台は
時々東京や埼玉まで観に行きます。


で、今回はコレ。


 


シェイクスピアで最も短い作品(?) 「間違いの喜劇」です。
 これは珍しく「喜劇」で、とても軽い気持ちで見ることができました。
以前狂言師・野村萬斎氏の「間違いの狂言」(「間違いの喜劇」の狂言バージョン)を
観た事があって、それはそれは本当に面白かったので、
ぜひ狂言バージョンではないものを観たいと思っていました。


話としては生き別れた2組双子、主人と召使いを町中で勘違いし、
「やった」「やってない」、「言った」「言ってない」の大騒動になるという話。
(説明が簡単すぎるって!(笑))


実は私のお目当ては 「高橋洋」 という役者さんです。
本当に才能のある役者さんで、毎回全然ちがうキャラクターを
「高橋洋がやっている」のではなく、そのものになりきってしまうすごい役者さん。


初めてみた舞台がヤンチャ坊主キャラだったので、すっかりそういうタイプの人かと
勘違いしていたら、ものすごく冷静で物静かだったというくらいなりきってしまうのです。


今回も実際の性格とは全然違うと思われる道化的な役を生き生きとやっていました。
とても言葉遊びが多くて、リズムに乗ってしゃべらなくてはいけなかったので
とても大変だったと思います。


 主人役の小栗旬くんよりもかなり年上なのですが、
ちゃんと「可愛い召使い」になりきっていました。


旬くんの奥様役の内田滋さんは、連日の舞台で声が枯れてしまっていたのは
おしかったし、演技の面も色々あるけど、でもすごく笑いを誘うお芝居で
なかなか面白くてよかったと思います。


 今回友人が一生懸命チケットを取ってくれて、
なんと 「2列目」での鑑賞でした。
もうツバのシャワーは飛んできそうだわ、役者さんと目が合いそうだわの近さで
大興奮な席でしたが、もしも2回以上観れるなら、少し後ろの席でも観たほうが
いいですね。
2列目だと全体図がつかみにくいし、役者さんの大変さが伝わりすぎて
少し疲れてしまう席かもしれません。
冷静に観られないし。


 でも!
やっぱりこんなに近い席というのは本当に貴重な体験!
またぜひ間近で観たいと思いました。
(一番前はイヤ!ツバのシャワーを思いっきりかぶります。(笑))


 せっかくなので、東京に行ったときに撮った「つまらない写真」を3枚。


  


席を「クラスJ」にしたらお菓子をもらいました♪  窓からの景色~♪


  今回泊まったホテルの部屋。
                         写真で見るほどキレイじゃなかったかも。(^^ゞ


 今回昨日レポートした「マーズカフェ」でコロたんにお土産を買いました。


 「バナナケーキ」♪


 「おっいしーーーーーーい♪」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。